本当の不動産査定

不動産査定は、戸建てでもマンションでも同じですが、リサイクルショップや中古車販売店のように、不動産査定をする業者が物件を買うということではありません。
基本的に、現在の市場動向や以前の取引事例、地域性などを考慮し、この程度であれば売却できるのではないかというようなアドバイスをすることです。
しかしながら、不動産業者にとっては売却依頼を売り主から受けることが買取であり、商品を品ぞろえして買取を多くすることが売上に繋がるという意味では同じです。
家売却を一括無料で本来であれば不動産査定は客観的なデータをベースにすべきですが、売り主が望むような売却価格を見つけることになっているのが実状です。
極端ですが、査定の場合にいくらが希望の売却価格ですかと問われてすぐに答えると、その価格が概略の市場価格と非常に違っていた場合でも、不動産業者は自分のところの買取を優先するため、売却できるかどうかは分からないがこの金額でまず売却してみましょう、と言いうことで売却依頼を受けることが可能なのです。
土地売却つまり、売り主は、世間相場と比べて自分の物件が割高であるということが分からないまま、自分が希望する価格で売却できるのだと考えてしまって、売却をスタートしてしまうのです。
売り主は自分が希望する価格で売却することを期待しているのではなく、不動産業者であるからこそ持っている、不動産取引の知識や経験から導き出した実際に売却できる価格を知りたいのです。
これが本当の不動産査定であり、売り主が希望する査定のはずです。

MENU